> 来店不要カードローンのメリットとは

来店不要カードローンのメリットとは

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングでは、 契約をするのに来店をしなければならない、というのは昔の話です。
確かに現在でも、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングでは、 店舗を構えていたり無人契約機を設置していたりして、 そこを訪れることで申し込みや借り入れができるようになっているところもあります。
この点に関しては水商売の従業員と消費者金融の審査では言いませんでしたがなるべく 人に合わないで借りたいという方も多いのではないでしょうか。

しかしインターネット全盛の時代、銀行のカードローンや 消費者金融のキャッシングも例外ではありません。 来店不要カードローンというのが、最近増えてきているのです。
ではなぜ、来店不要カードローンというのが増えてきているのでしょうか。

本人確認書類はカメラ撮影して送信

まずは、申し込みです。
これまでの銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングでは、 申込書に記入をして郵送するかスキャンをしなければなりませんでした。 しかし、来店不要カードローンですと、インターネット上の 入力フォームに入力をして、送信すればいいだけです。 本人を確認する書類に関しても、かつてはコピーを郵送しなければなりませんでした。
しかし来店不要カードローンですと、携帯電話のカメラで撮影した 本人を確認する書類の画像データを、送信すればいいだけなのです。

審査に関しても、現在ではコンピューターで行うことが多くなってきました。 信用情報機関に情報を照会したり、過去の利用履歴を見たりするのは、 本人が来店する必要は特にありません。 これに関しては、来店不要カードローンにかかわらず、 現在の銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング全体に言えることです。

そして契約に関しても、わざわざ来店する必要はありません。 インターネット上で契約を結ぶことができるのです。

カード発行は無人契約機からもできる

契約をしたら、これまではカードが郵送されるのを待たなければなりませんでした。 それが待てないという方は、無人契約機でカードを発行してもらうのです。 しかし、来店不要カードローンであれば、カードがなくてもお金を借りることができます。
銀行口座にお金を振り込んでもらうという形です。

膨大なコストがかかる来店不要の裏側を知る

わかりやすい指標は知名度につきます。考えてみてください。年間のカードローン申込者数は有名消費者金融1社だけの公開データから契約数を見るだけでも年間10万人とかはくだらないです。ざっと全体で100万人だとして、1人1人の審査を行い融資していいかを決めていくわけでそれを捌くシステムや人員といったら相当なものでバックグラウンドでは膨大なコスト(初期構築もそうですがメンテナンスとかも)が発生しています。

個人や母体が小さな組織ではその数を捌くことができません。地域密着でもいいのですが、金融の高度なシステムと物理的に便利なATM等の環境を構築する事によりスケールしメリットが生まれコストがトントンになるのはどの業界でも同じこと。つまり資金力が合って一定条件の準備ができるところじゃないと日本全国の一定層に来店不要でお金を貸すという神業は不可能なわけ。

カードローンをうまく活用している人は悪いイメージだったのが変わったっていう人多いんですが、古い考えだとお金借りる事自体が悪とかいっている聖人的な人もまだまだ見かけます。ただ借金苦に陥っている方って正確な統計取れているわけではないですが、マイナー業者とか、そもそもが無理し過ぎている人が多いと思うんですね。

怒りをぶつけるところが間違っているというか、今回の来店不要ですぐ借りれなければ借金苦になっていなかったか?という訳のわからない理屈を矛先にしている気がします。それも借金していない関係のない人が。気持ちはわかるんですが、大手サービスは上手く使えば便利で安全性は相対的に高いのは間違いないわけで、カードローンもまず無くなる事は無いので企業努力は認めてあげたいところですね。