> 2社目のカードローンの申し込みについて

2社目のカードローンの申し込みについて

カードローンは、どのような方でも気軽に利用できるローンで、
大変使い勝手がよいです。
まず、年収が少ない方でも利用しやすくなっています。
例えば、利用限度額が50万円以下であれば、申し込み時に収入証明書が不要です。
また、安定的な収入があれば、アルバイトやパートで生計を立てている方でも利用可能です。

2社目のローンを申し込む場合について

ところで、利用されている方の状況によって、既に1社から借りている状態で、
2社目のローンを申し込むという場合があります。
例えば、現在利用しているローンの金利が結構高いため、
次に借りる場合には、もっと金利の低い別の会社のローンを利用しよう、
という場合です。

2社目のカードローン申込みの注意点

その場合、2社目のカードローンを申し込む際に、注意すべき点があります。
まず、それぞれのローンが、貸金業法の規制を受ける、
消費者金融会社などの貸金業のカードローンである場合、
貸金業法の総量規制の制約を受けます。

総量規制について

総量規制とは、一人の個人に対して、貸し出すお金の限度額を規定するもので、
具体的には、年収の1/3を超える額を貸し付けることが禁止されています。
従って、最初が消費者金融のローンで、次も消費者金融のローンである場合に、
2社目のローンの審査において、総量規制にひっかからないように、
利用限度額が制約を受ける(低く設定される)場合があります。
ただし、少なくとも何れかのローンが、銀行カードローンである場合は
総量規制の対象とはなりません。銀行は、銀行法の規制を受けるのであって、
貸金業法の規制は受けないからです。